テーマ:映画

トマトの不出来ギレ

映画を観た、というより ドえらい体験をした、、、という感覚。 最後の30分くらいは 「今自分は何してるんだろう」 「みんなは今どんな気持ちなんだろう」 とか考えてました こういう作品にまだ出会えるんだな・・・ という余韻(オトク感)に浸ってます <カラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

締めのマブリー顔

G指定だったので、あまり構えずに楽しめました。 単純&力技なオチになるのかな~とか思ってたら、捻りがきいててニヤリ キム・ソンギュは、どことなく和牛の川西さんに似てたなぁ。。 さぁ、どんな仕上がりになりますかね・・・ ・・・ハリウッドリメイクは
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイリースの味わい

こんなに骨太な物語だったなんて。。 思わぬ掘り出し物でした。見応えアリ ただ・・・、主演のナオミ・ハリス。 ずっとテッサ・トンプソンと見間違えてました <ブラック アンド ブルー>
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓越しに同級生

サクッと観るつもりだったけど・・・、こんなに楽しめるとは サメがいきなり・・・というか、満を持さない場面で何度も登場(笑)。 そのお陰で本編中ずっと気が抜けませんでした。。 「それ要る?」みたいなスロー場面も、出てくる度にツボで。何とも言えない個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かばんクルクル(笑)

原作マンガもドラマも未見。 楽しそうな予告編に惹かれて鑑賞して・・・、いやー面白かった! まさかスクリーンでシソンヌ(じろう)が観られるとは 磯村勇斗と柳楽優弥のギラギラっぷりも良かったけど、 何だかんだで主演の賀来賢人がズバ抜け過ぎ!ノビノビし過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいおいガラス片!

何とも不思議なカメラアングル、そして電子音。 新鮮でした。これが37年前の作品だなんて・・・。 主人公もだけど、襲われる一家の演技もスゴかったですねぇ。 演技というか何というか・・・。〇された後の方がよっぽど身体張ってたんじゃないかと 衝撃のストーリーだけでなく、役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーってかい

昨日の作品に比べれば、堂々と観られた「透明モノ」 子供ないし家族向けかな。。 コロナ禍じゃなければ絶対スクリーン鑑賞できなかっただろうな・・・ というレア感もあって、やや満足 <インビジブル・シングス 未知なる能力>
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散らかす居候

鑑賞中・・・ずっと怖かった~。。 ほとんど両耳塞ぎながら観てました なかなか練られた現代版・透明人間。 透明になるワケから、話の顛末まで、新しいモノを魅させてもらいました ちょっと、ゴ〇〇・〇〇ルを思い出したかな <透明人間> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イップ師匠

1作目から10年以上も経っていたとは・・・ ともあれ、集大成に相応しい作品でした。 観る側の気分を盛り上げるのが、やっぱり上手い(特に最終決戦のBGM)! ブルース・リーの登場&見せ場にも満足 <イップ・マン 完結> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カセットテープ!

いや~・・・目頭が熱くなりました。 終わった後も、涙で席を立てないオジサマ見て 再びもらい泣き 友人が本当にイイ奴だったなぁ。。 感動的な場面がいっぱいあったけど、 父親の切ないシーンも心に残りました。 B・スプリングスティーンをほぼ知らなくても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイニーデイ

唄うように&軽妙に、自分探しを思いがけずしちゃった話・・・という印象。 要所で流れる「Everything Happens to Me」が、もぉ~実に良かったです 主人公のお母さんによる、終盤のぶっこみには驚きましたが <レイニーデイ・イン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

略してアングラ

思ってた以上にストーリーが良かったですねぇ 「生き甲斐」や「支え」って絶対要るよな~と、改めて思いました。。生きてく上では 不思議なヴィジュアルだけでなく、 重力の向きが変わるところなんかも面白かったです <アンチグラビティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒りの73才!

相手の組織が確かに悪いんだけど、 R15指定になっちゃった原因はランボー1人にあるよなぁと。 いいぞ、もっとやれ!・・・の感情を超えるものが十分にありました クライマックス。悪役のボスに切った啖呵は、比喩的表現だと誰もが思ったはず。 なのにね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皿殺し

「〇年前」とか「△ヶ月前」とか、コロコロ時系列が前後しながら物語進行 少々戸惑いながらもテンポ良く楽しめました。 ANNAの「彼女」がちょっと不憫でしたかね。。 あと終盤の展開は、ロンハーのドッキリ企画みたいだな、って(笑) 何というか・・・。劇場鑑賞できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒トーマス

エジソンの人柄まで知らなかったから・・・ そういう意味でも見応えありました 予告と違い、全体的にBGM少な目で物静かだった印象。 その雰囲気がまた良かったです。 特に終盤の万博シーンは、映像&音楽ともに幻想的でウットリ あとN・ホル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犯人&ライブカメラの持久力たるや

至って本編はマジメなんだけど、 所どころに「笑って良いのかな…?」という場面が そんな作風だったので、ダレることなくサクサク見られました。 あらゆる面で突き抜けちゃってる犯人(出た作品を間違えてるんじゃないかと)、 実写かな…?という爆破&火事、 昭和の青春ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼力先生

誰にでも隠し事とか、 フタしちゃう事ってあるしなぁ ・・・というのが観た直後の感想。 ルースと先生の二人が主人公だったと思うほど O・スペンサーの存在感が並外れてました 更に並外れてたのが、BGM。 不思議というか、不穏というか・・・ドエライ感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗って帰っちゃった

誰だったの?とか、何だったの?とか思わされながら粛々と進む物語(笑) それがまた観ていて妙に心地よかったです あと、所どころに著名人が出てくるから「笑ってはいけない」みたいだなぁと。 A・ドライバーは相変わらず良い声。 そしてT・スウィントンの浮世離れっぷりも健在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウニ的な侵略者

いやー・・・こんなに硬派&シリアスな作品だったとは。 なんか心にゴゴゴゴゴと迫ってくるような。暗~い雰囲気もなかなかでした レジスタント達も格好良かったですねぇ。❝決行❞へ向かう時の6ショットなんて特に そして、「人間をナメるなよ」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィンで再開

映画鑑賞再開一発目がV・ディーゼル ストーリー&映像ともに、なかなかの良作でした。 G・ピアース(メメント)が出演していたのは「記憶つながり?」なんて思ったけど たまたまでしょうね またエピローグのセリフが、偶然にもコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち望み

「米映画館復活のシンボル」と報じられた作品。 日本では9/18公開予定です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あぁ、あのサンド食いたい

まあまあブラックでしたけど、サクッと楽しめました。 M・ロビーの、あの悪くてイキイキした表情・・・本当に適役だなと。 今はシリアスで重々しい作品より、こういったモノ観た方がホッとするかな自分は 因みに・・・ウィキの「あらすじ」には結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とこしえに~♪

さしてドラマ版と(もちろん良い意味で)変わらない味わいで満足 金八先生で「加藤優」を演じた直江喜一さんが、教育委員役で登場。 このキャスティングに意図があったかどうかは別に(あったと思うけど笑) まぁ~素晴らしい演技&存在感で!良いもの観させてもらいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤギさん出ちゃった

純粋に楽しめました。けたたましいオープニングには少々滅入ったけど(苦笑) CUBEに似たゾクゾクを体感 ゲームなんでしょ?と思いながら見てたので、 展開からオチまで意外だらけでした。 「逆ビリヤードBAR」とか、斬新な映像もなかなか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製コンブチャ・・・?!

思い入れのある人ほど「ねばならないのに!」と憤りそうですが コレはコレで良いんじゃないかと 小気味のよい掛け合い、アクション・・・ どれも見ていて楽しかったです。 パーティー会場でのダンスがカッコ良かったな~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱いで逃げて燻されて

これはアイデア勝負でしたねぇ~ 映像、音声、編集、物語・・・全て「何なの?」という この不協和こそが、作品の醍醐味だったんじゃないかな。。 珍しいモノが観られたな、という気分。 有り得ないけど、個人的には邦画でリメイクしてほしいです{%万歳w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コートネイ!

痛快とでも言いましょうか。。 クライマックスでは、脳内で「必殺仕事人」と「暴れん坊将軍」のテーマがずっと流れてました ラストの、あの姿も・・・ 何をされたらそうなるんだよと(苦笑) X-MEN(マグニートー)VSワイルドスピード(ステイサム母)のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司会者がベイ

R15指定だけど、前作のヤバさ(私的にプチトラウマ)に比べればマイルドだった印象。 小気味好い2人のやりとり&アクション健在で楽しめました ハイテク捜査班「AMMO」の登場も良かったですねぇ。劇団ひとりに見えちゃうメンバーがいたけど
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワグナー巡査の味

「お見事!」と言いたくなるミステリ作品でした。 劇場出てからも、しばらくニヤけっぱなしだったのは久しぶり ボンドになって以降のD・クレイグが、ようやく別顔になれた気がします。 良いモノが観られると、その作品云々とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッツラー!

感じ方は、人それぞれなので。。 やっぱりこの類の史実を扱った作品は重たいですねぇ。いまだ「ハイドリヒを撃て!」の余韻があるだけに、、胸が痛みました 良かったとも、ましてや面白かったとも、私的には表現しがたい。予告のノリはどうなのかな。 スティーブン・マーチャントの怪演が印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more