略してアングラ

思ってた以上にストーリーが良かったですねぇ 「生き甲斐」や「支え」って絶対要るよな~と、改めて思いました。。生きてく上では 不思議なヴィジュアルだけでなく、 重力の向きが変わるところなんかも面白かったです <アンチグラビティ…
コメント:0

続きを読むread more

怒りの73才!

相手の組織が確かに悪いんだけど、 R15指定になっちゃった原因はランボー1人にあるよなぁと。 いいぞ、もっとやれ!・・・の感情を超えるものが十分にありました クライマックス。悪役のボスに切った啖呵は、比喩的表現だと誰もが思ったはず。 なのにね…
コメント:0

続きを読むread more

皿殺し

「〇年前」とか「△ヶ月前」とか、コロコロ時系列が前後しながら物語進行 少々戸惑いながらもテンポ良く楽しめました。 ANNAの「彼女」がちょっと不憫でしたかね。。 あと終盤の展開は、ロンハーのドッキリ企画みたいだな、って(笑) 何というか・・・。劇場鑑賞できる…
コメント:0

続きを読むread more

黒トーマス

エジソンの人柄まで知らなかったから・・・ そういう意味でも見応えありました 予告と違い、全体的にBGM少な目で物静かだった印象。 その雰囲気がまた良かったです。 特に終盤の万博シーンは、映像&音楽ともに幻想的でウットリ あとN・ホル…
コメント:0

続きを読むread more

犯人&ライブカメラの持久力たるや

至って本編はマジメなんだけど、 所どころに「笑って良いのかな…?」という場面が そんな作風だったので、ダレることなくサクサク見られました。 あらゆる面で突き抜けちゃってる犯人(出た作品を間違えてるんじゃないかと)、 実写かな…?という爆破&火事、 昭和の青春ド…
コメント:0

続きを読むread more

眼力先生

誰にでも隠し事とか、 フタしちゃう事ってあるしなぁ ・・・というのが観た直後の感想。 ルースと先生の二人が主人公だったと思うほど O・スペンサーの存在感が並外れてました 更に並外れてたのが、BGM。 不思議というか、不穏というか・・・ドエライ感…
コメント:0

続きを読むread more

乗って帰っちゃった

誰だったの?とか、何だったの?とか思わされながら粛々と進む物語(笑) それがまた観ていて妙に心地よかったです あと、所どころに著名人が出てくるから「笑ってはいけない」みたいだなぁと。 A・ドライバーは相変わらず良い声。 そしてT・スウィントンの浮世離れっぷりも健在…
コメント:0

続きを読むread more

ウニ的な侵略者

いやー・・・こんなに硬派&シリアスな作品だったとは。 なんか心にゴゴゴゴゴと迫ってくるような。暗~い雰囲気もなかなかでした レジスタント達も格好良かったですねぇ。❝決行❞へ向かう時の6ショットなんて特に そして、「人間をナメるなよ」と言…
コメント:0

続きを読むread more

ヴィンで再開

映画鑑賞再開一発目がV・ディーゼル ストーリー&映像ともに、なかなかの良作でした。 G・ピアース(メメント)が出演していたのは「記憶つながり?」なんて思ったけど たまたまでしょうね またエピローグのセリフが、偶然にもコ…
コメント:0

続きを読むread more