アモス

予告の感じと違い・・・ 本編は終始物静かで暗かった印象。 中東の史実をよく知らなくても 重々しさは感じられましたねぇ。 2015年製作で、今になり日本公開。 これもコロナ禍ならでは。良い観賞体験になりました <愛の闇の物語> …
コメント:0

続きを読むread more

迫真の中村

何とも切ない気持ちになったけど・・・ 惹き込まれて見応えありました。 印象的なのは、中村アンさんでしたねぇ。 見事でした。ホントにこういう人なのかな、、と思っちゃったくらい <名もなき世界のエンドロール>
コメント:0

続きを読むread more

インゴルシュタット!

「本当に消されたりして・・・」とドキドキしながら観賞 予告と違い、本編は至ってマジメな作品でした。深夜にBSプレミアムを見てるかのような。 粛然とした雰囲気やBGMが心地よかったです。 まぁ、何でも秘密というのは・・・。 守られてる事&明かされる事、どちらも良し悪しかなと思…
コメント:0

続きを読むread more

外側では焼き肉

原作は未見。 これでPG12 指定、、、?という猟奇描写にハラハラしました 思ってた以上にオカルトぽかったのも意外でしたねぇ。 特に、サ〇ペ〇ア風な終盤 そのシーンを見ながら、前列の女性2人が啜り泣きしてて・・・ ・・・「ここで?!」と{%…
コメント:0

続きを読むread more

荷物棚にガツン(笑)

ベストセラー小説の映画化とはいえ 原作もこんなに下ネタエグいのでしょうか ともあれサクッと楽しめました。 主演女優が役にハマってて魅力的。 それと同僚男性&犬がいい味出してたな~ 秘密は、本人のタイミングで打ち明けた方が絶対に良いよ・…
コメント:0

続きを読むread more

クロード式回想法

シリアスになりがちな物語を、明るく見せてくれました。 支え手側(クロード)が主人公だったのが良かったですねぇ。 彼女目線で描いていたら、ちょっと切なかったかも・・・なんて。 オープニングのアニメ&エンドロールのピアノも素敵で なかなかの良作でした <43年後のアイ…
コメント:0

続きを読むread more

エッパー!

スタントシーンは少な目。 関係者のコメントが絶え間なく続き、何か授業を受けてるような・・・ 視聴覚室で見ているような感じでした 昔のガラス窓はスタント用とか無くて実物だっただろうし、 それを突き破ってた「TV版ワンダーウーマン」のスタント女優に脱帽。 他の方達も、車に…
コメント:0

続きを読むread more

速い速い!

ゾンビの活きのよさと、悪役の絵に描いたようなクセ! そして大尉のタフさはもう人間じゃない! 「感傷に浸ってないで早く逃げなさいよ」と思う場面も幾つかあり、 韓流独特の空気感で魅せるハラハラ作品でした <新感染半島 ファイナル・ステージ> …
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年♪

2021年あけましておめでとうございます 「いつ見に来ても同じね~」と、これからも変化に富まない ブログをやっていきますよ! <今年の初日の出> 絶対に勘違いなんだけど、今年は昇ってくる速度がいつになく速かった気がします
コメント:0

続きを読むread more

チーターになった部下で鑑賞納め

まさかの感動作。。 シンプルだからこそ、その物語に魅せられました。 映像も、花火飛行のシーンが良かったですね。幻想的で。 良かっただけに、後の切ない展開が堪えましたけど・・・ 悪役二人のキャスティングも素晴らしかったです。今後の出演作が楽しみ! 監督もすっかり大物入…
コメント:0

続きを読むread more

「距離」笑

「本当はこうだったんじゃないか」を盾にやりたい放題。 劉備(大泉)&董卓(佐藤二朗)のやりとりと、 やたらキレまくる周瑜(賀来)の顔が面白かったですねぇ。 主題歌もなかなかカッコ良く、エンドロールまで楽しめました。 ただ、劇場内がキンキンに冷えてて・・・換気を徹底し過ぎ…
コメント:0

続きを読むread more

鳥を焼く中村

爆破の生々しい場面に『パトリオット・デイ』を、 レインボーブリッジでの「え?!」なカーアクションに『トランスポーター』を思い出しました。 そして、ただただ西島秀俊がカッコ良い。 そこまで平和ボケしてるかなぁ・・・とか感じつつ、 最後までハラハラ鑑賞しました{%万歳webr…
コメント:0

続きを読むread more

ジェットスキーにドーン!

間一髪の連続(たまにピンポイント被害あり)でハラハラしました 噴火というと火砕流とか溶岩流のイメージでしたけど・・・ ・・・噴石がヤバかったですね。。絶対に当たりたくない! ともあれサクッと楽しめる100分弱でした。 最後に出てきたメッセージも良かったんだけど、 …
コメント:0

続きを読むread more

えもっちゃんの走力!

暗めな作風と思いきや、エンタメチックな刑事もので ドンヨリすることなく観られました ドクター・デスの信念というか何というか・・・ 終盤のキャラ変が意外でしたねぇ。「同一人物?」と思ったくらい。 綾野剛さんも、あんなに乱れた食生活で細身なのは羨ましいなぁと{%トホホ…
コメント:0

続きを読むread more