まつり縫いって!

R15のマフィア作品ということで身構えてたけど・・・、杞憂でした(別の理由だった) ミステリーというより、ドラマだったかなと。 やや淡々気味でしたが、硬軟織り交ぜたような見せ方で152分間飽きなかったです。 ただ、どこまでが本当のエピソードだったのかなぁ…
コメント:0

続きを読むread more

イキイキとピアノ!

フェイス/オフから23年。 先月観た「カラー・アウト・オブ・スペース」でN・ケイジ健在だな~と思ったけど、 トラボルタもまだまだ引き出し持ってますね! 被害者の怒りがまともに伝わらなかったり、 逆に相手がキレて疎通が全く取れない様は、 もは…
コメント:0

続きを読むread more

クールの!

昨年GWに観た「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」に続く、名匠のドキュメンタリー作品。 暗い映画館という空間で聴くJAZZというのも、雰囲気ありましたねぇ 耳心地よかったです <マイルス・デイヴィス クールの誕生> …
コメント:0

続きを読むread more

あの、1分間

予告編では到底知れる由もない、 不思議&ユニークな作品でした 初めて観るような、何とも表現しがたい鑑賞体験・・・。まだまだ映画のアイデア(見せ方)は尽きること無いなぁと <幸せへのまわり道>
コメント:0

続きを読むread more

飛び蹴り仲裁

セリフを忘れたり、噛んだり、スタッフが見切れたり。 誰か一人でもミスすれば、最初から撮り直し。 ・・・そういう緊張感も、77分間から伝わってきました 武蔵の「下がるな!」にもシビレたな~ <狂武蔵> …
コメント:0

続きを読むread more

姪のクセ!

うーん・・・面白かったですねぇ エクソシスト系の作品でいつも魅了されるのが、憑りつかれた人の演技。 「役者魂、晒しまくり!」という感じで、今作でも女優や子役が妥協無し・・・。見応えありました 他にも、口が過ぎてる感じの姪とか、ガララニョロロ風な黒幕…
コメント:0

続きを読むread more

ボナペティ父さん

はっちゃけてる主人公に初めは感情移入しづらかったけど、 段々『ガンバレ…!』と応援モードに あと、周囲の人々がとても優しくて(特に大人たち) 実話だけに余計ジーンときました。 父さんが、なかなか味のある天然キャラだったけど・・・ 実在する父さん自身は、あの描…
コメント:0

続きを読むread more

スマホ溶かし機って(笑)

予告編で十分わかりますけど・・・下ネタが過ぎるというか(笑) とはいえサクッと楽しめる84分でした 個人的にはキックベースの快進撃と、スマホ店員の接客がツボ。 特にあの店員は・・・何で働けてるんでしょうね。。 マイケル・ペーニャが、どことなくクロちゃんっぽくて。 …
コメント:0

続きを読むread more

海を渡らずにして!

自分が美術館素人だから、当たり前なコトでも知ると新鮮でした 作品を保管していくのって大変なんだな・・・とか 関係者の話も解説じみてなくて、堅苦しくなかったのが良かったです。 にしても意外だったな~、、フラメンコの登場 <プラ…
コメント:0

続きを読むread more

トマトの不出来ギレ

映画を観た、というより ドえらい体験をした、、、という感覚。 最後の30分くらいは 「今自分は何してるんだろう」 「みんなは今どんな気持ちなんだろう」 とか考えてました こういう作品にまだ出会えるんだな・・・ という余韻(オトク感)に浸ってます <カラ…
コメント:0

続きを読むread more

締めのマブリー顔

G指定だったので、あまり構えずに楽しめました。 単純&力技なオチになるのかな~とか思ってたら、捻りがきいててニヤリ キム・ソンギュは、どことなく和牛の川西さんに似てたなぁ。。 さぁ、どんな仕上がりになりますかね・・・ ・・・ハリウッドリメイクは
コメント:0

続きを読むread more